ストレートの「キレ」の正体

こんにちは。

 

しばらく更新があいてしまいましたが、きょうから新年度という事で気持ちを新たにいきたいと思います。

 

プロ野球の方も先週開幕しまして。

私、子供の頃は巨人ファンで中学~高校時代は毎週、週刊ベースボールを愛読するくらいの野球オタクだったのですが、松井秀喜さんがヤンキースへ行ったり、その後CS(クライマックスシリーズ)などが始まったりで、何となくNPBに対する想いの熱量が下がりつつありました。

 

先週末、久々に巨人-阪神の開幕戦をTVで見ましたが、上原投手のピッチングが素晴らしく自分の中で良い時代の巨人を思い出し久々に胸が熱くなりましたね。

ほとんどストレートとSFFだけの二つの球種だけ、かつストレートの球速も140kmいくかどうかという中でピシッとセットアッパーの仕事をする様は、流石上原投手という感じでした。

 

ちなみに上原投手がなぜあの球速と球種であれだけ抑えられるのかという事がしばしば話題になり、コントロールのおかげだとかよく言われる事があります。

 

確かに四球も少なく、コントロールは当然悪くは無いのですが、上原投手の本質は制球力が売りの技巧派ピッチャーでは無く、日本でも屈指の本格派ピッチャーだと思っています。

thepage.jp

上記リンクにもある様に、打者が感じるストレートの「速さ」というのは球速表示だけで全て片付けられるものでは無いのです。

 

マーク・クルーンの160kmより全盛期の藤川球児の150kmの方が早く感じたのもこの「バーティカルムーブメント」によるもので、当時の藤川投手のストレートは変化球では無くともまさに「魔球」といえる様なボールでした。

thepage.jp

元中日の山本昌投手も140km近いストレートも投げましたが、「134kmのストレートが一番速い」と言われていたように、最もボールの回転数が上がる球速で投げるのが134kmくらいのところで、初速と終速の差が小さくなり、結果的にボールが「伸びる」ように感じるという事だと思います。

 

昔から日本の野球界ではボールの「キレ」という表現で言われていた事を、

このように定量的に表すのはさすがアメリカという感じで感心させられます。

 

今年は上原投手の『130km代の剛速球』でバンバン相手打者を打ち取っていく様子が見れる事を楽しみに、NPBも見てみようと思います。